遺品整理業者のできること

遺品整理業者に依頼した場合、どんなことまでしてもらえるのでしょうか?遺品整理というのは、まずは残されたものを処分するものと残すものに分けることから始まります。

処分するものはきちんと適正の処分をし、残されたものは遺族、もしくは引き取ると決められた方に渡されます。

この残すものについては遺族が希望するもののほか、現金、通帳、保険証、証明書関係、写真、書類などが主な品です。

残された品の仕分けが済んだら、部屋の清掃もしてもらえます。

部屋に匂いがついてしまった消臭消毒やその他、シミ抜きなど原状回復作業、残された仏壇や遺品などの供養も請け負ってくれる業者もあります。

不要なものについては、廃棄まで行ってくれる業者と、依頼主にお任せする業者があります。

高齢化の進む日本ですから、遺品を整理する側も高齢者であるという可能性も大いにあり、遺品整理と部屋の清掃を合わせて依頼するケースが増えているそうです。